おばさんのごちそう




かなり古い作品です。



表紙にもあるように

この大きなおばさんが料理をします。

どんなごちそうが出るか楽しみに

してましたが、出来上がったのは

子供二人が座る椅子、テーブル

テーブルクロスにお皿など・・・・。



料理がおいしいと聞いていたけど

食べられるものはないの?と

少し不思議に思いました。



でも食事もちゃんと出ました。

ただちょっと不思議ですが、

昔のテレビみたいな四角い置物の中から

電波みたいなものがでて、そこから

ご飯や飲み物が出てきました。



おばさんが昔お母さん

教わったんですって。

そのお母さんの写真は絵本の中にあるんですが、

なんと、魔女でした。




このおばさんは何者?

気になります。





↑ローズピンクのぞう かわいいですね。

色の種類も多いです。

ほかの動物もありますよ。







ポチっとお願いします。










関連記事

ともだちほしい




ママパパとわたしの本シリーズの8です。



みなさんは転校生になった経験ありますか?



新しくクラスに転校生が来るとなると

どんな子がくるかワクワクしますが、

転校生側の気持ちって考えたことありますか?


とっても緊張します。

不安です、ちょっと怖かったりもします。

馴染むまでは当然もとの場所に

戻りたいと少し寂しい気持ちもあります。


そんな気持ちがよくわかるお話です。

低学年くらいに読んでほしいです。




↑こちらもお友達を作るお話です。

あわせてどうぞ。











ポチっとお願いします。









関連記事

かわいそうなぞう



こちらも有名なお話です。

子供の頃、このお話を知ってから

ずっと記憶に残っています。


「太平洋戦争中の上野動物園で起きた本当のお話です。

毎日毎日雨のように爆弾が投下されています。

この爆弾が動物園に落ちたらどうでしょう。

檻が壊されて恐ろしい動物達が

町へ暴れだしたら大変なことになります。

そこでライオン、トラ、ヒョウ、クマ、ダイジャに

毒を飲ませたんです。

三頭のぞうもいよいよ順番が回ってきたんです。」





内容を少し引用しました。

ずいぶんと恐ろしい内容ですね。

ただ大きなぞうはそう簡単には死にません。

殺すことができないんです。

ここからいろんなことを試します。

飼育係の人の気持ちを考えると

つらいですね。

可愛がっていた動物たちを

戦争のために次々と殺さなきゃいけないなんて。




食べ物も与えないで餓死させようとしても

なかなか死にません。

えさが欲しくて、フラフラになりながら

ぞうたちは芸をします。

芸をしたらえさがもらえると思ったんでしょうね。



たらいぐらいの大きさのぞうに胃袋には

水一滴も入ってなかったそうです。

心が痛いです。

こんな悲しい話があるでしょうか。

しかもこれが作り話ではなく、

本当に起きた話だなんて。


戦争は人間だけではなく動物たちも

犠牲になったんですね。









ランキング!
ポチっとお願いします。







関連記事

みてても、いい?



ポプラちいさなおはなしシリーズです。


動物の学校でしょうか。

いろんな動物がいるなか、

うさぎはとてもおとなしくモジモジしています。

その逆できつねはとても乱暴者に感じました。




このうさぎはなぜかきつねの行動が

かっこいいと言ってずっとみています。


きつねも最初はうっとうしいと思っていたのに、

うさぎが自分のところにこないと

とても寂しそうでした。




誰かがいつもそばにいるっていいですね。

そしてうさぎとまた会えてよかったね。



きつねの最後の一言がよかったと思います。




↑同じく磯みゆきさんの作品です。

このお話は下の子が生まれたことによって

ママを独り占めできなくなった男の子の

お話です。がんばる姿とやきもちが

かわいいと思います。












ポチっとお願いします。














関連記事

マックマウスさん



レオ レオニの絵本

谷川俊太郎さん翻訳です。




これも図書館でみつけました。

わが子いわく、この人の絵は

ねずみが多い・・・と。

確かにほかの絵本にもありますね。







さて、このお話はまちねずみでオシャレな

マックマウスのお話です。



ある日鏡を覗き込むと

自分自身がなぜか黒い服をきた別のねずみに

かわっていました。




何が起こったの?と思いましたが、

ここからこのまちねずみティモシーの

お話の始まりです。



これからは外で野ねずみとして

いきていかないといけません。

慣れない環境で不安だらけです。

強制的にそうなってしまいました。






ちょっと話がそれますが、

うちの子は小学生にあがってから

転校生となりました。

それまでは保育園から一緒の仲間と

そして小学生になってからの新しい仲間と

毎日とても楽しそうでした。




ただ、転校したとたんとても寂しい毎日を

しばらく過ごしました。




この絵本を読んでちょっとその時のことを

思い出しました。



慣れた環境から新たな場所への変化、

そんな方にオススメな一冊です。





↑こちらもねずみが主役です。

こちらもオススメです。







ポチっとお願いします。










関連記事
毎日8時に更新してます。明日も来てね
 こんな感じでブログ書いています

大好き絵本

Author:大好き絵本
絵本の紹介、感想などを書いたブログです。
絵本選びの参考になればうれしいです。
時々、育児のお話も書いていきます。
読んでみてください。

 ランキングに参加してます!
  更新する励みに ポチっと      お願いします!
  カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
あなたにオススメの商品です
  私もお世話になってます。
             ダイエット・健康関連の商品を扱うお店です。
いいものが発見できるお店です
 楽天ブックスは値段関係なくいつでも送料無料!!
  新しい順に並んでいます
あの本はあるかな?気になる本のタイトルは?
 読んでみたい本は見つかるかな?
   最新コメント
月ごとに分けました
メールくれたら返信します!!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達に教えてあげてね!!
QR